自宅分娩

助産院みのりは、妊婦さんの思いやニーズがあるのならば答えたいという思いで活動しています。

助産院でのお産は妊婦さんの身体づくりやお産に向かう姿勢など、「自己管理」がとても大切です。

安心・安全なご自宅でのお産となるようサポートし、妊産婦さんとご家族の意向を尊重し、嘱託医療機関との連携のもと、助産師が妊娠・出産・産後の正常・異常を判断し、ケアいたします。

当院は医療事故を起こすことのないよう高い意識を持つよう研鑽し、産科医療保障制度・賠償責任保険に加入しています。

また、日本助産師会による「助産所業務ガイドライン」に沿ってケアを提供しています。

費用は42万円前後です。(出産育児一時金42万円、直接支払い制度あり。自己負担はほぼ無し。)


自宅分娩を希望される方にご確認して頂きたい事

・ご家族が自宅でのお産に反対していないこと

・産後の生活は自宅ですので、産後の家事・育児の協力者がいること

・妊娠中少なくとも2~3回嘱託医療機関(高山赤十字病院)において診察を受け、自宅での出産が可能と判断された妊婦さんであること(妊娠10ヶ月の時点で判断いたします。)

・妊娠中、お産進行中、お産後において 助産師が医療の必要性があると判断した場合は 速やかに従っていただくこと。

・出産後1日目、5日目、1か月健診時 ビタミンK2シロップを計3回与えます。

・出産後1週間前後で 高山赤十字病院にて赤ちゃんの検診を受けていただき、先天代謝異常検査・聴覚スクリーニングなど検査します。

・分娩後~1週間は毎日、産後2週間目、1か月健診と訪問し赤ちゃんとお母さんのケアをいたします。また、必要に応じて訪問の回数・期間を増やします。

・当院は直接支払い制度を導入しています。1か月健診時、費用から42万円差し引いた差額をお支払いいただいています。

・料金は分娩から1か月健診まで、赤ちゃんの小児科受診料・検査料を含みます。(初診料2000円は病院へお支払い必要)

・料金は日本助産師会の助産師業務料金に沿って設定いたします。

助産院を利用できる方

  <助産所業務ガイドラインより>

基本的に経産婦さんを受け付けております。

初産婦さんはご相談に応じます。

  身長・・(初産は、身長150cm以上)   

         経産は、145cm以上

   年齢・・(初産の方は35歳未満)

 非妊時BMI指数25以下  

   〈BMI(肥満の指数)

     =体重(Kg) ÷身長(m)÷身長(m)〉

家族歴

両親あるいは兄弟姉妹に既知の遺伝性疾患がない

 両親あるいは兄弟姉妹に40歳未満の突然死が

   いない  

既往歴

 合併症がない

   【糖尿病・高血圧・心疾患・血液疾患・

    甲状腺疾患・喘息・精神疾患等】

  常用薬がない

  感染症がない

  【B型肝炎・C型肝炎・HIV・HTLV‐1・梅毒・

    ヘルペス・クラミジア等】

 子宮頸部円錐切除術の既往がない

  子宮筋腫の診断歴、子宮筋腫核出術の既往がない

  子宮奇形の診断歴がない

  3回以上の自然流産歴がない

  不妊治療後の妊娠でない

 

経産婦に対しての既往歴

 帝王切開既往がない

 切迫早産のための長期入院(14日間以上)歴が ない

子宮頸管縫縮術歴がない

早産(37週未満)歴がない

 妊娠糖尿病診断歴がない

 妊娠高血圧症候群歴がない

子癇既往がない

常位胎盤早期剥離既往がない

HELLP症候群既往がない

 分娩時大出血既往がない (1000ml以上)

子宮内反症既往がない

死産・新生児死亡(生後28日未満)の既往がない

 重症仮死児(5分後Apgar<7点)出産既往がない

 低出生体重児(2,300g未満)の出産既往がない

 出生体重3,800g以上の出産既往がない

 形態異常児(体表および内臓に)出産既往がない

先天性感染症児(GBS、サイトメガロ ウィルス等)

の出産既往がない

 運動神経麻痺児(脳性まひ、腕神経叢まひ等)の 出産既往がない   

その他

   日本語でコミュニケーションがとれる

   保険に入っている